薬に頼らずに病気を治そう│食べながら療法

food

うつ病との関係

うつ病を改善できる療法でもある

うつ病は、誰もが関係している心の病気です。現在でも多くのうつ病患者がいます。うつ病の初期症状は自覚しない程度のもので、はっきりと症状が現れない限りはうつ病にかかっているという事に気づかない場合があります。また、一度は治ってもまた再発する心の病気であるため、完全に治るまでに長期間かかります。しかし、そんなうつ病も栄養療法を行えば、改善できる可能性があるのです。

低血糖症と甲状腺機能低下症

うつ病の原因には、二つあります。一つ目は、低血糖症です。低血糖症は体の栄養が不足しているという体のサインです。症状がうつ病と似ているので、よくうつ病に間違われてしまいます。主に甘いものや清涼飲料水を取ることが多いという人に起こる病気です。二つ目は、甲状腺機能低下症というものがあります。この病気は、自己免疫病といいます。自分の甲状腺を敵と判断して攻撃を行なう病気です。攻撃を受けた甲状腺は、組織が壊され、機能が低下します。そのため、気力の低下や肌の乾燥などの症状が出てくるのです。この病気が進行してしまうと痴呆症という病気の症状に似てきます。栄養療法とうつ病が関係あるのはこのためなのです。栄養療法を行えばこれらの病気を治すことが出来ます。自分がうつ病になっていると感じたら、栄養療法をしてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ pagetop